Drawing Tube(ドローイングチューブ)とは、ドローイングの新たな研究・対話・実践のための実験室であり、それらを記録して共有するために構想したプラットフォームです。

 

ここで言うドローイングとは、平面上に描かれた線のみではなく、宇宙におけるあらゆる線的な事象を対象とし、空間や時間に新しい線を生成していく、あるいは潜在している線を発見していく過程そのものを指します。
例えば、ダンスは空間への、音楽は時間への、写真は光の、テキストは言語のドローイングとして捉えることもできます。さらに地図上の道路や、夜空における星座、人間の腸なども含めてみると、私たちは世界の様々な領域に「ドローイング」を見出せるでしょう。

 

Drawing Tubeは、この「ドローイング」というキーワードを介して、様々な分野を巻き込んだイベント、レクチャー、展示などを不定期で行い、各分野間に管 (チューブ)を開通させることを志向します。またそのアーカイヴを開示することで、「描くこととはなにか?」という根源的な問いに対する議論を喚起し、変容し続ける現在進行形のドローイングの可能性について考えていきます。

 

紙を丸めて運ぶための筒のことも、ドローイングチューブと呼びます。Drawing Tubeの活動は、特定の場所と結びつくのでなく、何かと何かをつなぐ管(チューブ)としてその都度かたち作られ、移動していくものです。管状の線が空中に浮かんでいるような、1匹のミミズが澄んだ池の水面を泳いでいるようなイメージです。
まずはこうした穴がボコボコ空いた状態で始めて、色々な意見を取り入れながら、少しずつ展開していく予定です。よろしくお願いします。

 

 

2016年8月3日 鈴木ヒラク

Authors

鈴木ヒラク/アーティスト。1978年 宮城県仙台市生まれ、神奈川県育ち。東京芸術大学大学院美術研究科修了後、シドニー、サンパウロ、ロンドン、ニューヨーク、ベルリンなどの各地で滞在制作を行う。ドローイングと言語との関係性を主題に、平面/インスタレーション/彫刻/パフォーマンス/映像など多岐に渡る制作を展開し、時間と空間における描く行為の新たな可能性を探求し続けている。先鋭的な音楽家や詩人らとのコラボレーションも数多く行う他、2016年よりドローイングの新しい実践と研究のためのプラットフォーム『Drawing Tube』を主宰。2017年FID PRIZEインターナショナルドローイングコンテスト(パリ) グランプリ受賞。著書に『GENGA』(河出書房新社/アニエス・ベー,2010年)などがある。現在、東京芸術大学大学院美術研究科非常勤講師。

 

hirakusuzuki.com/

 

中原一樹/アーティスト。1980年香川県生まれ。ベルリンを拠点に制作活動を続けている。2005年に横浜市立大学経済学部国際社会コースを修了、在学中にウィーン大学美術史学部に1年間交換留学。その後、2005年に渡独、ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学に入学。ハンス・シマンスキー教授に師事しドローイングを専攻する。2010年同大学終了、2011年マイスターシューラーを取得。首席に贈られるマート・スタム賞を受賞。
2013年、公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修制度によりロンドンで1年間滞在する。2017年、クリスチーネ・ペルゼン賞をベルリニッシェ・ギャラリーより受賞。
主な展覧会は、ベルリンの所属ギャラリーInga Kondeyneにおける2009年,2011年,2013年,2015年,2017年の個展。2008年「SEN-現代書とドローイング」Gallery Parterre(ベルリン)、2010年「木と銅」ベルリン日独センター、2012年 「PRESUME, マルト・スタム賞2012」クンストラウム・ベタニエン(ベルリン)、2014年「Travelling Light」Centre for recentDrawing London等のグループ展がある。

 

kazukinakahara.com