Drawing Performance: Abstraction from Germany and the United States

Hanna Hennenkemper (ハンナ・ヘンネンケンパー) / re: 1/17 / 2017年 / 和紙にスタンプ

 

‘Drawing Performance: Abstraction from Germany and the United States’(ドローイングパフォーマンス:ドイツとアメリカにおける抽象表現)という展覧会がベルリンのインガ・コンダイナ・ギャラリーにおいて開催されている。
当企画はネブラスカ州を拠点に活動している作家でありキュレーター、James Bockelman (ジェイムズ・ボッケルマン)のもので、ベルリンからの作家9人、アメリカからの作家6人の作品で構成されている。この展覧会は1年を通して3つの異なる場所を巡回した。最初にネブラスカ州リンコルンのタグボートギャラリー、続いてネブラスカ州コンコルディア大学のマックスハウゼンギャラリーにおいて開催された後、ベルリンのギャラリーインガ・コンダイナへと巡回している。
 
展示に際して、ボッケルマンはジョン・ケージの言葉の引用から、今までカテゴライズされる事のなかったドローイングという「分野」について改めて疑問提示をしている。
 
“What is a drawing? No one knows any longer… Something that doesn’t require that you wait while your making it for it to dry? Something on paper? It’s question of emphasis. Thanksgiving. Art…”
ドローイングとは何か?もはや誰も知らない…。何かを作っていてそれが乾く間になされるだけの必要ではないもの?紙の上の何か?それは重要な疑問だ。感謝の祈り。アート…。
 
ドローイングとは何か?この問いに対するボッケルマンの答えは、今日のドローイングは「もの事が起こる場所」と言うことだ。その上で、ドローイングに関する3つの基本的な要素、「表面」(Surface)、 「活動」(Activity)、「登記」(Registration)をあげている。
 


1. Old Man Study Group (Hamlett Dobbins and Douglas Degges) / 無題 / 2016年 / 紙にグァッシュ
2. Carsten Sievers (カルステン・シーバース) / 無題 / 2013年-2015年 / 折り畳んだ紙に鉛筆
3. Flora Wiegmann (フローラ・ビークマン)/ パフォーマンス作品、Dyslexicon / 2017年


 
彼の文章によると、「表面」とは作家がパフォーマンスを行った所、もしくはこれから行われる場所の事だ。作家が素材にドローイングを行う以前に、「表面」にはレディメイドのイメージが存在している。例えばボール紙のパッケージや未完のクロスワードパズル、もしくは真っ暗な劇場など。ただの一枚の白い紙でさえ、そこには既に心理的な緊張感がある。作家はそういった表面に対して、一本の線を引き、それぞれの境界を指し示す。
ドローイングはまた、人間の「活動」における儀礼的なものである。作家は何かを観察し、手に宿る認識とともに筋肉にインプットされている記憶を用いて、世界をどの様に捉えているかを現実に写しだす。
こうした一連の身ぶりの総体は、「表面」上に記録されるだけでなく、目の動きの中にも記録される。誰かが鏡にキスをすると、マークは鏡面上にある視覚的な痕跡であると同時に、身体的な動作の記録となる、とキュレーターは言う。この様に、ドローイングはパフォーマンスを「登記」する。
 
今回の展示作品にはシンプルな紙に鉛筆といったものから、ダンス、映像、トレーシングペーパー、プリントされた紙などが素材として用いられており、作家の様々なジェスチャーや思考のプロセスを想像できた。ドローイングにおける3つの根本的な要素は互いに絡み合うことで作品を成立させていた。
 

キュレーター、ジェイムス・ボッケルマン。コラージュドローイングの前で


 
執筆: 中原一樹


Drawing Performance: Abstraction from Germany and the United States
(ドローイングパフォーマンス:ドイツとアメリカにおける抽象表現)
期間: 2017年6月23日〜7月29日
場所: ギャラリー、インガ・コンダイナ (ベルリン)
参加作家: ドイツから> カルステン・ジーバース, ナディネ・フェヒト, アレクサンダー・クレンツ, ハンナ・ヘンネンケムパー, ヨハネス・レギン, 中原一樹, フランク・タッフェルト
アメリカから> ハムレット・ドッビンス, フローラ・ビークマン, ジェレッド・スプレチャー, スティーブ・ロデン, マシュー・ソンサイメー, ジェイムス・ボッケルマン

‘道’ by Kazuki Nakahara

お疲れ様です!僕は今ライプチヒの近くの小さな村の版画工房でレジデンスをしています。
「tube」を浮かべると聞いて、両端、或いは色んな末端から覗けるような通気性の良いものを想像した。情報が一方向から流れるのではなくて、逆からも通るみたいな。世界のドローイングシーンを繋いで誰でも見ることができる様なツールにできればいいな。
白川静さんの「文字逍遥」における道と空間についての定義はとてもドローイング的だ。原始の時代、「道」の字源に込められた概念には、人間が生活圏を広げようとする時、鳥獣や神々が行き交う空間に侵入するという意味があった。「空間」、「空」とは無機的な空白そのものではなく、むしろ生きた実在の世界だった。その様な空間に道を作る時の緊張感は、今日の既成のライン(網目状)を辿る事とは異なる。有機的なラインとは、その様に外への接触を図ろうとする意思と、空白だけど空白でない空間へと入っていく緊張感を伴うものだ。

 

引用 白川静「文字逍遥」道字論 道と空間

 

執筆:中原一樹 2016年8月10日  
 
プロフィール:中原一樹/アーティスト。1980年香川県生まれ。ベルリンを拠点に制作活動を続けている。2005年に横浜市立大学経済学部国際社会コースを修了、在学中にウィーン大学美術史学部に1年間交換留学。その後、2005年に渡独、ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学に入学。ハンス・シマンスキー教授に師事しドローイングを専攻する。
2010年同大学終了、2011年マイスターシューラーを取得。首席に贈られるマート・スタム賞を受賞。
2013年、公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修制度によりロンドンで1年間滞在する。
主な展覧会は、ベルリンの所属ギャラリーInga Kondeyneにおける2009年,2011年,2013年,2015年,2017年の個展。
2008年「SEN-現代書とドローイング」Gallery Parterre(ベルリン)、2010年「木と銅」ベルリン日独センター、2012年 「PRESUME, マルト・スタム賞2012」クンストラウム・ベタニエン(ベルリン)、2014年「Travelling Light」Centre for recent Drawing London等のグループ展がある。

 

image : 中原一樹 / 道 / 2015年 / 21x30cm/ 紙にインク

image : 中原一樹 / 道 / 2015年 / 21x30cm/ 紙にインク