Drawing Performance: Abstraction from Germany and the United States

[caption id="attachment_22189" align="alignnone" width="1200"] Hanna Hennenkemper (ハンナ・ヘンネンケンパー) / re: 1/17 / 2017年 / 和紙にスタンプ [/caption]   'Drawing Performance: Abstraction from Germany and the United States'(ドローイングパフォーマンス:ドイツとアメリカにおける抽象表現)という展覧会がベルリンのインガ・コンダイナ・ギャラリーにおいて開催されている。 当企画はネブラスカ州を拠点に活動している作家でありキュレーター、James Bockelman (ジェイムズ・ボッケルマン)のもので、ベルリンからの作家9人、アメリカからの作家6人の作品で構成されている。この展覧会は1年を通して3つの異なる場所を巡回した。最初にネブラスカ州リンコルンのタグボートギャラリー、続いてネブラスカ州コンコルディア大学のマックスハウゼンギャラリーにおいて開催された後、ベルリンのギャラリーインガ・コンダイナへと巡回している。   展示に際して、ボッケルマンはジョン・ケージの言葉の引用から、今までカテゴライズされる事のなかったドローイングという「分野」について改めて疑問提示をしている。   "What is a drawing? No one knows any longer...