ドローイングの拡張のための実験

『ストーカー』(アンドレイ・タルコフスキー監督、1981年)の夢のシーケンスより

 

東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科(GA科)住友文彦研究室において、2017年5月12日、5月26日、6月2日の3日間に渡り、アーティストの鈴木ヒラクによる講義が行われた。その中で実施された“Experiments for the Expansion of the Sphere of Drawing”(ドローイングの拡張のための実験)と題されたワークショップにおいて、約10名の大学院生たちは、以下の問いにおける2つの空欄をそれぞれ埋めて発表した。
 
1. _____________はドローイングでもある。
2. ドローイングは_____________でもある。

 
その後、全体のディスカッションを経て、発表内容の傾向から二つのテーマによるグループ分けが行われた。主にドローイングにおける時間やリズムに着目したAグループ: <時間の強弱>と、移動や変容、反復の軌跡としての線を考察したBグループ:<循環/軌跡>。
これは、それら二つのグループによるレポートのまとめである。
 


 
A.時間の強弱
(共同執筆:宮川緑/高木遊/檜山真有/タニヤ・シルマン)
 
例えば音楽を聴いて、脳内に浮かんだ色やイメージの再現を紙の上で試みるとき、たいていの場合、思い通りには具体化できないというジレンマが発生する。掴もうとしてもこぼれ落ちてしまうイメージの断片があるからだ。しかし、むしろ実際に紙に描けなかった、または描かなかった断片の流れこそ、ドローイング的であるとは言えないだろうか。その行為には、まるでタイミングよく流れて来た流しそうめんを一瞬にして掴み取るような素早さが備わっている。積極的で意識的な選択というよりも、手先が勝手に動く。断片を掴むための抵抗として流れの中に手先を配置する。そこから紡がれる線がドローイングとして生き物のように形作られていく感覚は、溢れるほどの水の流れから自分にとって必要な断片が半ば無意識的に獲得され、そのほかを流していくというプロセスである。それは水墨画や一文字書の表現に近い行為なのかもしれない。
 
では、写真において何を撮るのか、そして何を撮らないのかという瞬間の取捨選択はどのように行われているのだろうか。森山大道は「爾来写真は、つねに光を〈化石〉化しつつ、世界のすべての記憶となって、したたかに時を刻印しつづけているのだ。」(森山大道『写真との対話、そして写真から/写真へ』、2006年、青弓社、155頁)と述べる。一般的な記憶行為は無意識に行われるが、歴史を刻む行為は常に意識的である。意識の有無という点においては、カメラのシャッターを押して写真を撮る行為は、意識的であることの最たる姿である。しかしそういった意識の装置としての写真が、逆に無意識を顕在化したり、瞬間的な意識と無意識の混沌を化石のように留めてしまうこともある。ドローイング的な写真、写真的なドローイングというのはこういったものではないだろうか。
 
一本の線として描かれる軌跡に複雑な物語があるという意味で、ロードムービーはドローイング的である。また、ドローイングの描く者の手癖を反映する独特のリズムはロードムービーにおける音楽とリズムの表象と共通している。1957年に出版され、2012年に映画化された『オン・ザ・ロード』においてジャズの使われ方は効果的である。彼らはたびたび、旅の途中で音楽が聴こえるところへ赴き、ジャズを聴く。そして車で移動する際に熱を持って感想を話すが話の中身はまるでない。それもそのはずである。彼らにとってこのおしゃべりこそが、音楽なのである。だからこそ中身より勢いやリズムのほうが重要なのである。この映画の中では、リズムによって物語や彼らの進むべき道が進んでいく。ドローイングにおいてもリズムというのは極めて重要である。それはリズムを生むと同時に、自らのリズムを習得していくプロセスでもある。ロードムービーも同様で、結果ではなくその経過を映し、そこに生成されていくリズムに物語を見るのである。
 

『オン・ザ・ロード』(ウォルター・サレス監督、2012年)のワンシーンより


 
映画におけるリズムについて特筆するべきは、ロシアのアンドレイ・タルコフスキー(1932-1986)の「時間のライブドローイング」とも言える特徴ではないだろうか。タルコフスキーの映画の特徴は、フレームの中の動きとリズムであり、シーンの象徴として雨、水、風といった要素を多用する。タルコフスキー自身が「時間の彫刻」”Sculpting in Time”と呼んでいるように、彼の映像は時間の流れや行為の過程の分析の結果とも言える。また、すべてのシークエンスには特有なリズムがある。タルコフスキーによると、シネマは日本の俳句のようなリズム、「生きているイメージ」と「純良な観察」を表現する手段である。
「ストーカー」という映画の中での「夢のシークエンス」において、水の中のものを上から見るシーンがあり、カメラは水面上を動く。そこには、長い間水の中に忘れられていたもの、機械の部品、小銭、さびた銃等がある。周囲の自然の反射や、泳いでいる魚も見える。カメラは最後に寝ている/夢を見ている「ストーカー」という主人公を捉えて静止する。
こういった流れの作り方は、その瞬間その場所で作るライブドローイングのスタイルである。ライブドローイングのアーティストは、紙の上で毎回異なる瞬間を捉えながらリズムを作る。タルコフスキーのカメラは、同じように、水と風の流れの中で様々な断片を拾いながらリズムを生成し、フィルム上に刻印する。
 


 
B.循環/軌跡
(共同執筆:三宅敦大/樋口朋子/杭亦舒/峰岸優香)
 

ワンワールド 就航都市 路線図 東京発着 引用元:スターアライアンスHPより


 
ドローイングを線的事象の生成や発見、及びそれらの過程であるとすると、そこには少なくとも二つのパターンが考えられる。一つ目は鉛筆で描く線のように運動の結果として線が生じるタイプのものである。これはいわゆる線的事象の生成にあたるものだ。二つ目は、星座のように既存の点を結ぶことで、線が生じるタイプのものだ。これは既存の線、つながりの発見とも捉えることができる。
一つ目のドローイングは動きによって決定されるものであり、画家の描くドローイングのように、主体と状況によって変化する動きにより生成される再現不可能なものと言える。それは線的な移動の軌跡のドローイングであるということもできるだろう。この意味において、GPSによる移動の記録や、飛行機の航路などもこの一部であると言える。
 
普段何気なく走っている夜の高速道路も、上空から俯瞰するとまるで血管のような姿を現す。数々の車は、血管内を循環する血液のようだ。流れるように走る光の軌跡はとどまることなく延々と続いて、まるで道路全体が大きな生命体に見える。どの車のライトもそれぞれ異なる速度で軌道を作り、その連続はリズミカルな点線となる。逆に運転者の目には、道を照らす街灯がリズムを刻んでいるかのように映る。血液の流れを止めることはできないのと同様に、交通の流れも24時間止まることを知らない。交通の中で動く車や光、人の動き、地球の自転、全てが複雑に絡み合った線の集合は、日々新しい循環を生成し続けている。
 

血管のCG図 引用元:リンクではなくウェブサイトのタイトル


 
このように交通をドローイングとして捉えることは、都市計画について考える時にも適用できるかもしれない。なぜなら都市計画の核心も、大地を支持体として、様々な関係性のもとに線を引くことであり、それは時間的変化を伴うグラフィックとして想像され、思考されるものだからである。
異なる目的による区分けをするために、人間は地上に見えない線を引くが、それは一つの時代の生活や特徴を反映する。様々な政治的理由、また国や王朝の更迭、もしくは戦争や自然災害により都市再開発が行われることもある。例えば漢の長安と唐の長安は同じ地域に存在したが、全く異なる都市であった。ドローイングが、支持体の上での想像や思考の時間的軌跡を反映しているように、都市計画は、ある場所における歴史という時間軸上の軌跡でもあるのだ。
 

左:漢の長安 右:唐の長安 程光裕、徐聖謨 『中国歴史地図』(中国文化大学華岡出版部、1980年)より


 
さて、二つ目のドローイングは言うなれば線分の集合であり、動きを内包しない。そのため、このドローイングはある意味で完成されており、それはイメージと条件の関係性のうちに、再現可能性を内包する。先に述べたように星座を例に取ると、それはどの星を繋げるかという条件さえ理解していれば、誰であろうと同じ線をイメージすることができる。そこでは主体や状況による差は生じない。また、星座はその条件自体が、ドローイングを規定し、ドローイング自体が条件を示すというある種のエコロジーの元に自立している。よって、それは循環のドローイングということもできるだろう。そう考えると、関数とそのグラフ(線)もこのドローイングの内に含まれるのではないだろうか。なぜなら、関数はそのグラフを規定し、そのグラフは関数を規定するからである。
 
また循環のイメージは、日本文化の「余白の美」にも見出せる。例えば鹿威しは「点景」と描写されるが、この装置が描く音景とは、単なる一元的な点と線ではない。たとえば、竹山道雄は鹿威しについて「静寂の中に点をうって、そのために時間がひきしめられている」と表した (竹山道雄著作集・8古都遍歴(福武書店刊)より)。鹿威しはその存在一つで完結するのではなく、家屋や庭園のなかに居住まい正しくおかれ、竹筒が岩をうつ音は虚空に響いていく。
かこん、と忘れたころに落ちてくる鳴き声。はっと現実に引き戻される近しさで聞こえることもあれば、どこか手の届かない方へ遠ざかってゆく響きも伴っている。集中と拡散、緊張と緩和、霧散と収束。相反する状態の交差点となって、鹿威しは時間と空間に対して広がりを持つだけでなく、聴く者の思考のなかに無数のハレーションを起こしていく。鹿威しを流れる水は、ゆるやかに∞の軌跡を描くようにして流れゆく。添水によって一定の間隔で繰り返される動きは、永遠の循環に等しくもある。その一方で、同じ行為が反復されているようでありながら、時はひたすらに進み、流れる水も、また静寂という状態も、かわり移ろうものである。不易流行とは松尾芭蕉の言葉であるが、無常さが尊ばれてきたこの国だからこそ、円環と刹那の双方を想起させる鹿威しが、永く人々の思索と共にあるのかもしれない。
 

Share via:

Drawing Performance: Abstraction from Germany and the United States

Hanna Hennenkemper (ハンナ・ヘンネンケンパー) / re: 1/17 / 2017年 / 和紙にスタンプ

 

‘Drawing Performance: Abstraction from Germany and the United States’(ドローイングパフォーマンス:ドイツとアメリカにおける抽象表現)という展覧会がベルリンのインガ・コンダイナ・ギャラリーにおいて開催されている。
当企画はネブラスカ州を拠点に活動している作家でありキュレーター、James Bockelman (ジェイムズ・ボッケルマン)のもので、ベルリンからの作家9人、アメリカからの作家6人の作品で構成されている。この展覧会は1年を通して3つの異なる場所を巡回した。最初にネブラスカ州リンコルンのタグボートギャラリー、続いてネブラスカ州コンコルディア大学のマックスハウゼンギャラリーにおいて開催された後、ベルリンのギャラリーインガ・コンダイナへと巡回している。
 
展示に際して、ボッケルマンはジョン・ケージの言葉の引用から、今までカテゴライズされる事のなかったドローイングという「分野」について改めて疑問提示をしている。
 
“What is a drawing? No one knows any longer… Something that doesn’t require that you wait while your making it for it to dry? Something on paper? It’s question of emphasis. Thanksgiving. Art…”
ドローイングとは何か?もはや誰も知らない…。何かを作っていてそれが乾く間になされるだけの必要ではないもの?紙の上の何か?それは重要な疑問だ。感謝の祈り。アート…。
 
ドローイングとは何か?この問いに対するボッケルマンの答えは、今日のドローイングは「もの事が起こる場所」と言うことだ。その上で、ドローイングに関する3つの基本的な要素、「表面」(Surface)、 「活動」(Activity)、「登記」(Registration)をあげている。
 


1. Old Man Study Group (Hamlett Dobbins and Douglas Degges) / 無題 / 2016年 / 紙にグァッシュ
2. Carsten Sievers (カルステン・シーバース) / 無題 / 2013年-2015年 / 折り畳んだ紙に鉛筆
3. Flora Wiegmann (フローラ・ビークマン)/ パフォーマンス作品、Dyslexicon / 2017年


 
彼の文章によると、「表面」とは作家がパフォーマンスを行った所、もしくはこれから行われる場所の事だ。作家が素材にドローイングを行う以前に、「表面」にはレディメイドのイメージが存在している。例えばボール紙のパッケージや未完のクロスワードパズル、もしくは真っ暗な劇場など。ただの一枚の白い紙でさえ、そこには既に心理的な緊張感がある。作家はそういった表面に対して、一本の線を引き、それぞれの境界を指し示す。
ドローイングはまた、人間の「活動」における儀礼的なものである。作家は何かを観察し、手に宿る認識とともに筋肉にインプットされている記憶を用いて、世界をどの様に捉えているかを現実に写しだす。
こうした一連の身ぶりの総体は、「表面」上に記録されるだけでなく、目の動きの中にも記録される。誰かが鏡にキスをすると、マークは鏡面上にある視覚的な痕跡であると同時に、身体的な動作の記録となる、とキュレーターは言う。この様に、ドローイングはパフォーマンスを「登記」する。
 
今回の展示作品にはシンプルな紙に鉛筆といったものから、ダンス、映像、トレーシングペーパー、プリントされた紙などが素材として用いられており、作家の様々なジェスチャーや思考のプロセスを想像できた。ドローイングにおける3つの根本的な要素は互いに絡み合うことで作品を成立させていた。
 

キュレーター、ジェイムス・ボッケルマン。コラージュドローイングの前で


 
執筆: 中原一樹


Drawing Performance: Abstraction from Germany and the United States
(ドローイングパフォーマンス:ドイツとアメリカにおける抽象表現)
期間: 2017年6月23日〜7月29日
場所: ギャラリー、インガ・コンダイナ (ベルリン)
参加作家: ドイツから> カルステン・ジーバース, ナディネ・フェヒト, アレクサンダー・クレンツ, ハンナ・ヘンネンケムパー, ヨハネス・レギン, 中原一樹, フランク・タッフェルト
アメリカから> ハムレット・ドッビンス, フローラ・ビークマン, ジェレッド・スプレチャー, スティーブ・ロデン, マシュー・ソンサイメー, ジェイムス・ボッケルマン

Share via:

‘Expanded’ by Nicole Lenzi

Brent Fogt / Hertson, 2011 / 紙にインク、グラファイト / 16 x 14.5 inches


 
私が非伝統的なドローイングに興味を持つようになった始まりは「エクスペリメンタル・ドローイング(Experimental Drawing」という専攻過程に在籍中のことで、卒業後も継続して取り組んでいます。「Expanded 」というブログは私が現在住んでいるアメリカ合衆国はボルティモア市・ワシントンDCの周辺地区、そして世界中で起こっている多様なドローイングの実践を紹介することにつとめています。これはドローイングの可能性について考えるためのフレームワークです。また、アーティスト、教育関係者やその他様々な組織が参照しあい、対話を生み出しうる空間を作り出すことを目的としてもいます。

 

2010年、コロラド大学のクラーラ・ハットンギャラリー(Clara Hatton Gallery)で行われた「Drawing in the Expanded Field(拡張領域におけるドローイング)」という展覧会に参加しました。リサーチしていくうちに、タイトルにもある“expanded”という単語は多くのコンテンポラリードローイングの展示や大学のコースで使用されている用語であることがわかりました。それでその5年後、このブログのタイトルにしたというわけです。

 

歴史を遡れば、ドローイングは絵画や彫刻の創作の見通しを立てる手段として存在していましたが時が経つにつれ、ドローイングそれ自体のうちに、それに属する芸術形式として発展しました。伝統的なドローイングは主題の代理表象に与かります。それに対し、非伝統的なドローイングは戦略を用いてコンセプトを展開させます。

 

Gelah Penn / Situations, Detail 2017 / ビニールシート, 気泡ゴム, レンズ状ビニール, Denril, ビニール製ゴミ袋, ポリエチレンシート, ステンレス製流し用品, ブラックアルミフォイル, 蚊除けネット, ラテックス, シリコンチューブ, 金属製の棒, ステイプル, アクリル絵具, ゴムボール, 椅子の布張り, T型ピン / 132 x 432 x 365 inches


 
Expanded」に登場するアーティスト達はしばしばお互いに対照的な差異を際立たせもするものの、彼らのコアにあるものは同じです。彼らは皆、慣習的ではないやり方で創作をしており、ドローイングの見方や経験の仕方の境界をうごかしています。これまでに参加してくれた作家達は概して3D/インスタレーション、システム、プロセス、パフォーマンス、写真、テクノロジー、実験的なマークメイキング(*訳注1)などに取り組んだ作品を制作しています。ここに寄稿を頂いているコントリビューターのBrent Fogtは気候条件を用いてドローイングを生み出しています。Gelah Pennのインスタレーションはドローイングという言語を(数カ国の言語を同時に扱うように)建築的空間に拡張しています。
 

Monica Supe / Endlos, 2016 / 7, 8, 9, 11 (endless 7, 8, 9, 11) 2016, かぎ針編みワイヤー (10 x 10 x 10 cm – 14 x 14 x 14 cm)


 
もっともよく取り上げている作品はコンセプチュアルな裏付けに基づいていて、通常とはもっともかけ離れた方法で哲学とスタイルを組み合わせたものです。Monica Supeの3Dとパフォーマンス作品において、アーティストは”制作過程を視覚化する”手仕事に取り組みます。編まれた線は、時間を可視化するのです。人はその活動がいつ始まるのか、そしてそれは実際に終わるのかの問いを立てます。Expandedにおけるアーティストの作品は、そこで何が起こりうるのかを見つめることへ開かれてあるものなのです。

 

私はよく「エクスペリメンタル・ドローイング」コースが、身近な主題や、コントリビューター達が彼ら自身の実践に一生懸命に向きあうあり方に対する自分の興味に火をつけたのだと考えます。私の教授のHerb Oldsは「ドローイングとは言語である。我々はその言語を生かし続けなければならない。」と教室の前でよく語っていました。言語は幾多の形態をとって存在してきたものなのです。

 

「Expanded」ブログリンク:
http://expandeddrawingpractices.blogspot.com/
 

執筆:ニコル・レンジ 2017年

 
プロフィール:ニコル・レンジ (Nicole Lenzi)の非伝統的なドローイングへの関心は、カーネギーメロン大学での「エクスペリメンタル・ドローイング(Experimental Drawing)」という専攻過程の在籍中に始まる。その後、メリーランドインスティテュートカレッジオブアートを2007年修了。インスタレーション、3D、レリーフ、平面といった多次元的アプローチで制作を行う。近年の展覧会に「Concept and Time and Space」CICA Museum(ソウル、韓国)、「Drawing Lines Across Mediums」Site: Brooklyn(NY、アメリカ)などがある。レンジはボルチモア(メリーランド州)を拠点に活動し、コンテンポラリードローイングに関するブログ「Expanded」を2015年より継続している。
 


翻訳:水野妙
 
(*訳注1)
マーク・メイキング:mark making
「Mark」の訳語としては「しるし:印・記・徴・験・標」と日本語では様々なアスペクトがある。ここでは「しるし」を描くことが「Making:つくる」ことの終わりではなくそこから引き出す行為として、Drawingの営為に通じるものとして関係している。一回かぎり記されたものが、未だ来ぬものを兆す徴となるように、開くこと。
点、筆触、ストローク、テクスチャー、波形、反復etc。手の運動の痕跡からその固有の刻印をほどいて、言語にも匹敵するような線にまつわる文法や表現方法のパターンを取り出そうとすること。その際、これまでの認識や様々なカテゴリーの更新の冒険に賭けるような試みが現在期待される。

例):テート・モダンの試み
作品の鑑賞教育の拡張的なラーニングプログラムとして、オンラインでフリーにアクセスできるリソースを提供している。絵画の理解の枠に限らず、人の感情や3D空間、音との変換関係など多様な応用可能性が試みられている。
https://www.thoughtco.com/how-does-mark-making-affect-your-paintings-2577630

Share via:

‘道’ by Kazuki Nakahara

お疲れ様です!僕は今ライプチヒの近くの小さな村の版画工房でレジデンスをしています。
「tube」を浮かべると聞いて、両端、或いは色んな末端から覗けるような通気性の良いものを想像した。情報が一方向から流れるのではなくて、逆からも通るみたいな。世界のドローイングシーンを繋いで誰でも見ることができる様なツールにできればいいな。
白川静さんの「文字逍遥」における道と空間についての定義はとてもドローイング的だ。原始の時代、「道」の字源に込められた概念には、人間が生活圏を広げようとする時、鳥獣や神々が行き交う空間に侵入するという意味があった。「空間」、「空」とは無機的な空白そのものではなく、むしろ生きた実在の世界だった。その様な空間に道を作る時の緊張感は、今日の既成のライン(網目状)を辿る事とは異なる。有機的なラインとは、その様に外への接触を図ろうとする意思と、空白だけど空白でない空間へと入っていく緊張感を伴うものだ。

 

引用 白川静「文字逍遥」道字論 道と空間

 

執筆:中原一樹 2016年8月10日

プロフィール:中原一樹/アーティスト。1980年香川県生まれ。ベルリンを拠点に制作活動を続けている。2005年に横浜市立大学経済学部国際社会コースを修了、在学中にウィーン大学美術史学部に1年間交換留学。その後、2005年に渡独、ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学に入学。ハンス・シマンスキー教授に師事しドローイングを専攻する。
2010年同大学終了、2011年マイスターシューラーを取得。首席に贈られるマート・スタム賞を受賞。
2013年、公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修制度によりロンドンで1年間滞在する。
主な展覧会は、ベルリンの所属ギャラリーInga Kondeyneにおける2009年,2011年,2013年,2015年,2017年の個展。
2008年「SEN-現代書とドローイング」Gallery Parterre(ベルリン)、2010年「木と銅」ベルリン日独センター、2012年 「PRESUME, マルト・スタム賞2012」クンストラウム・ベタニエン(ベルリン)、2014年「Travelling Light」Centre for recent Drawing London等のグループ展がある。

 

image : 中原一樹 / 道 / 2015年 / 21x30cm/ 紙にインク

image : 中原一樹 / 道 / 2015年 / 21x30cm/ 紙にインク

Share via: